月別アーカイブ: 2020年2月

電子ゲームデータを売買する副業

ネット副業の中には電子データを売買する副業があります。これは俗にいう、リセマラというものでして、欲しいゲームのキャラクターやアイテムが出るまで登録を繰り返したり退会を繰り返しほしいキャラクターが出るまで粘るということです。そしてそのキャラクターが入っているデータにアクセスするための番号をインターネット上で売買するというものです。これは、近年ヤフーオークションでは電子データ扱いになるため売買することはできませんがヤフオク以外の転売サイトであれば簡単に転売することができます。この転売については、運がかなり重要で高値で売買されているキャラクターにすぐにでも当たればそれで売買可能な条件を満たしすぐにでも売買することが可能です。ですが、中々売買することができるキャラクターが来なかった場合、何時までも売買にて高値が付いているキャラクターを引き当てるまで続けなければならないです。ただ、このビジネスをする上で必要な物がスマホとネット環境であるため容易に始めることができる副業であるという意味では初心者であろうと苦労とであろうと簡単に始めることができます。これとは別に、第3者がプレイしているゲームのIDとパスワードを預かり、第3者になり替わりゲームをプレイしレベルを上げるゲーム代行などのお仕事もありこちらも同様、インターネット上で仕事を貰い、ゲームをプレイしてレベルを上げたり、レアな装備品を入手するためにゲームを第3者になり替わりプレイします。このように電子ゲームデータを扱う副業は多くあり、中にはゲームをプレイして感想を述べるだけで報酬を得ることができるゲームテスターというお仕事もインターネット上で募集されています。これは、本来ですとデバッカーというゲームをプレイしつつバグを探す人を雇うのが望ましいのですが現在のゲームを作る企業では人手が足らず、第3者にゲームをプレイしてもらい問題を探すという手法でゲームのバグを探します。つまりインターネット状でゲームをプレイしてくれる人を探しバグを見つけてくれる人を探しているため実質アルバイトということです。この仕事の利点は企業に雇われるという点と、最新のゲームをプレイすることができるという点です。その為、人気ゲームを多く手掛けている会社のゲームのチェッカーというものは倍率が高いのです。倍率が低いゲームチェッカーの仕事もあり、倍率が低いものとしては会社が有名ではない、もしくはヒット作が少ない会社などでいずれにしろインターネット上、ネット広告などから仕事が募集されていることがあるお仕事です。